So-net無料ブログ作成

SSCC│TAKUMI YOSHIDA So-net blog

ホンダ・インサイト、初乗りの印象。

FX100 090224 132.21jpg.jpg

手頃なプライスで登場したハイブリッドカーとして注目を浴びているホンダのニューインサイトに、昨日、都内で開かれたプレス試乗会で乗ってきました。もうディラーの試乗会で乗った方もいるでしょうが、僕の第一印象をひとこと。

上の写真の赤いクルマは、無段変速機のCVTに7段マニュアルモードとシフトパドルを装備、タイヤも標準仕様より扁平でワイドな185/55R16を標準装着するなどした「LS」で、僕がドライビング好きにオススメしたいモデルであります。

ところで、初代インサイトなど初期のホンダハイブリッドのエンジンは、モーターが起動すると「電気ターボ」と呼びたくなるような盛り上がり感を見せてくれたのが気持ちよかったのですが、新型インサイトにはそういう感触は希薄で、モーターがエンジンを満遍なくアシストする、わりと普通の印象になっていました。

実はこれ、ハイブリッドとしてはまっとうな進化を遂げたことを示しているのですが、運転する面白さという意味からいうと、若干寂しくなった観は否めません。

それに対して新型インサイトはシャシーとボディの出来がよく、ボディ剛性が充分に確保されているので、サスペンションはむしろ若干硬めですが、乗り心地は意外と快適だといえます。

と同時に、リアの床下にバッテリーとハイブリッドシステムの頭脳であるIPUを収めたレイアウトなどにより、重量配分がよくて重心の低いシャシーが実現されているためもあって、コーナリングが気持ちいいのも特徴のひとつですね。

FX100 090224 105.15jpg.jpg

写真は、上にデジタルのスピードメーターを、下にタコメーターを配した2段重ねのメーターパネル。普通のクルマとは違うものに乗っているという印象を強調してはくれますが、デザインと色使いには好みが分かれるところでしょう。

FX100 090224 149.15jpg.jpg

この斜め後ろからのスタイルからも想像できるように、空力性能を追求したデザインのボディは、リアシートのヘッドルームを若干きつくしてはいますが、リアのラゲッジルームはたっぷりと確保され、実用性は良好だろうと思われます。

ちなみにボディサイズは4390×1695×1425㎜、ホイールベース2550㎜と、全長は長めですが、幅が5ナンバー枠に収まっているところに好感が持てます。

エコカーといえども、まずはクルマとしてマトモで、クルマとして魅力的でなくてはならないと僕は思っていますが、その点ではニューインサイト、基本的に好ましい素質を持つハイブリッドカーだというのが、僕の第一印象でありました。
nice!(29)  コメント(4) 

nice! 29

コメント 4

Tonotakaya

赤イイなあ。
「匠グリーン」なんかも似合うんじゃないかな?(笑)

「環境第一」「研究所感覚」の真面目一辺倒じゃつまんないので、
ポップでカラフルな色たくさん用意するなどしてプリウスとスタンス離した方が良いと思うんですよね、でないと単なる「安いプリウス」になっちゃう!!

むしろ「楽しいプリウス」にすればきっと若い人達も買うよ(笑)

若手ファッションデザイナー呼んで「デザインコンペ」や「美大仕様」や「服飾学校仕様」なんて面白いんじゃないでしょうか!?

ただ、匠様開発エンジニアの方とやらに言って下さいよ。
「もう少しスタイリング楽しければなぁ」ってね・・・・、残念。
by Tonotakaya (2009-02-26 06:56) 

ken

写真がいいのか、塗装がいいのか分かりませんがキレイな赤ですね。
プリウスにはこんなカラーがないので、セカンドカーとしてもまったく検討範囲外でしたが、インサイトは悪くないですね。スタイリングもプリウスと微妙に違うところが、実は最大の違いのような気がします。
試乗会、行ってみたくなりました。
by ken (2009-02-26 12:36) 

マダムデルタ

インサイトのCMの影響で、
やっぱり今の流行ってことでエコカーって1台は 持っておくべきなのかしら?と思うこの頃です(笑)
ボディカラーのスカイメタリックとメーターパネルのカラーも好みなんですよねぇ♪
でも、シートが、ホイールが。
あっ!マフラーが???とか考えるとやっぱり我が家にエコカーは ムリかも!(笑)


by マダムデルタ (2009-02-26 16:06) 

む

個人的には、よく出来ているからこそ、リアのヘッドルームを犠牲にするようなパッケージングにして欲しくなかった。
その部分の空力でどのくらい燃費が稼げるのかは知りませんが、数パーセントといったところじゃないんですか?
そのくらいなら喜んで支払いますから、リアのルーフをもう少し持ち上げて欲しい。
ハイブリッドを意識せず「普通の車」として乗れるパワートレーンである以上、"一切何のエクスキューズもなく"普通に快適に全部の人が過ごせる車であって欲しかったと思います。
ハリウッドスターがプリウスの後席に得意げに乗り込む映像を見ますが、
正直、ちょっと気の毒に思ってしまいます。
by む (2009-02-26 18:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。