So-net無料ブログ作成

SSCC│TAKUMI YOSHIDA So-net blog

『ENGINE』 輸入車大試乗会、僕が乗った6台のプライス総計は?

FX100 090128 006.28jpg.jpg

毎年恒例、自動車誌『ENGINE』主催の輸入車大試乗会が今年も大磯プリンスホテルを舞台にして1月28日に開かれました。今年は例年以上に華のある試乗車が集結、これまでとは「ちょっと違うぜ」な雰囲気をアピールする模様。

午前中3台、午後3台というのがフルスケジュールで、編集部によって各ジャーナリストにあてがわれたクルマに50分の持ち時間で試乗します。となると、大磯から箱根ターンパイクの頂上近くまでいって、若干余裕があるというところ。

僕の場合、朝8時30分からの最初の時間帯に僕にスケジューリングされていたのは、このメルセデス・ベンツSLRマクラーレン・ロードスターなのでした。

5.4リッターV8をスーパーチャージャーでチューンし、ナンバーの数字にもなっている626psのパワーと780Nmのトルクを発生、5段ATを介して後輪を駆動するという途方もないFRのオープンスポーツで、プライスは7000万円ちょうど!

このクルマに魅力の根源は間違いなくエンジンです。野太いビートを打ちながら頭がくらくらするような勢いでSLRボディを加速させるので、本気でコーナリングなんかしなくても、直線を走っているだけで充分気持ちいいクルマなのです。

FX100 090128 040.15jpg.jpg

SLRの次に乗ったのがこれ、ランドローバー・フリーランダー2の最上級モデルたるHSE。実に久しぶりのドライビングでしたが、乗り心地はすこぶる快適で、ハルデックスカップリング式フルタイム4WDによるハンドリングも実に素直。

しかも、横置き3.2リッター直6と6段ATによるパフォーマンスは充分で、室内も広くて実用的、SUVとしてすこぶるいいクルマなのを再認識しました。プライスは410万円からで、HSEは575万円。SLRロードスターとの合計は7575万円。

FX100 090128 078.21kai.jpg.jpg

続いてステアリングを握ったのがこのロールスロイス・ファンタム。BMW傘下ロールスロイスのフラッグシップサルーンで、ボディは標準仕様でも全長5835×全幅1990×全高1655㎜という途方もないサイズ、車重は2600㎏に達します。

ところがですね、この巨大なサルーンが実によく走るんですな。エンジンは6.7リッターV12で、踏めば結構な勢いで2.6トンのボディを加速させるし、軽いステアリングを操ってのハンドリングも思いのほかにニュートラルときています。

乗り心地はソフトでありながらフラットで、まるで路面と隔絶されたかのように滑らかに走っていきます。もちろんリアシートの居住性は最高なので、自分で運転してよし、後ろに座ってよしの、贅沢なクルマです。で、プライスは4578万円。これまでの3台の合計は早くも1億円を超えて、1億2153万円になりました。

FX100 090128 119.15jpg.jpg

ロールスの次はルノー・トゥインゴGT。サイズ的にもプライス的にも、SLRやファンタムとは対照的なクルマの登場です。全長3600×全幅1655×全高1470㎜という現行ミニより小さいボディに1.2リッター4気筒を積み、前輪を駆動します。

素のトゥインゴは75psのNAエンジンに5段2ペダルMTのクイックシフトを組み合わせていますが、GTはターボで100psにアップしたエンジンに5段MTを搭載、けっこう活発に走ります。でも僕はむしろ素のトゥインゴの方が好きかも。

ちなみにトゥインゴGTのプライス、素のトゥインゴの198万円に対して240万円ですから、ここまでに乗った4台のプライス合計は1億2393万円になっています。

FX100 090128 173.15jpg.jpg

続いて乗ったのは現行モデルで最も高性能なミニであるJCW=ジョン・クーパー・ワークス。ミニクーパーSをさらにチューンしたモデルで、1.6リッターのターボエンジンは211psと260Nmを発生、6段MTで1210㎏の車重を走らせます。

ぐっと低い車高に17インチのホイール&タイヤを履いた姿も凛々しく、いわゆるゴーカート感覚の操縦感覚が最も顕著に味わえる現行ミニでもあります。ただし普段の足にするには乗り心地がちときついので、セカンドカーが適役かも。

プライスも現行ミニで最高の363万円。5台の合計は1億2756万円になります。

FX100 090128 194.21jpg.jpg

そして最後の、6台目がこれ、アストンマーティンDBSタッチトロニック。これまで3ペダルの6段MTしかなかったDBSに加わった2ペダルモデルで、トランスミッションの基本はZF6段ATですが、ステアリングホイール裏にマグネシウム製の固定式パドルを備えるなど、マニュアルシフト優先のアレンジになっています。

エンジンはDB9用と同排気量の6リッターV12で、517psのパワーと570Nmのトルクを発生、およそ1.7トンのボディを意のままに加速させます。ただし直線での迫力はSLRマクラーレンに及ばず、その代わりやや重さを感じさせるとはいえコーナリング感覚で勝負する乗り味は、いかにもブリティッシュであります。

DBSタッチトロニックのプライスは3377万円と、例えばフェラーリ612スカリエッティを凌ぐ高価さで、今回大磯に集結した61台のなかでは、SLRマクラーレン、RRファンタム、ベントレー・ブルックランズに次ぐ4番目に高価なものでした。結果、僕が乗った6台のプライス総計は、1億6142万円(!)になったのでした。
nice!(27)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 27

コメント 3

マダムデルタ

アストンと思ったら、
ちょ~っと高すぎっ!!
隣でダンナさんが大ウケしていました(笑)
でも、やっぱりアストン欲しいです♪
by マダムデルタ (2009-01-31 23:23) 

らた

ファンタムとDBSに惹かれる僕は、やはり英国車党のようです(笑)。
昨日ZバージョンTに試乗しました。県内で2台を巡回させているそうです。
鉄の塊に包まれているような高剛性感に感動しました。
よく出来たクルマだと思います。
by らた (2009-02-01 10:47) 

吉田 匠

マダムデルタさん、
ランチアとアストン、
やっぱり両方いっちゃって下さい、この際ですから!

らたさん、
英国車党、間違いないですよね。
フェアレディZ、基本的にはいいクルマですが、
官能的なスポーツカーであるかどうかというと、
細部にはまだ煮詰める余地を感じましたね、僕は。

by 吉田 匠 (2009-02-06 20:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。