So-net無料ブログ作成
検索選択

SSCC│TAKUMI YOSHIDA So-net blog

秋の気配漂う北の大地で、燃料電池車に乗った。

_C0F0357.12jpg.jpg

20~21日の1泊2日で、素晴らしい天気のなかにすでに夏も終わりの気配が濃厚に漂う北海道、旭川とその周辺にいってきました。

その主たる目的は士別にあるトヨタのテストコースで発売前のユニークな小型車に乗ることだったんですが、旭川のホテルからテストコースまでの道中でドライビングしたのがこのクルマ、「トヨタFCHV-adv」であります。

いわゆる燃料電池ハイブリッド車の最新仕様で、ボディのベースはSUVのクルーガー。燃料電池を介して水素と酸素から電気を発電、それでモーターを駆動して走るというのがそのベーシックな構造ゆえ、排ガスをまったく出さないゼロエミッション車ということになります。

ちなみに<4020>なるナンバーの数字は<シーオーツーゼロ=CO2ゼロ>の意味とのこと。(笑)

燃料電池車は、実用化に至るまでの問題点のひとつが充分な航続距離を得られるかどうかにあるといいますが、このFCHV-advは10・15モードで約830㎞を達成、実際の走行でも大阪-東京の560㎞を走破したということであります。

と同時にこのFCHV-adv、-30度という超低温の下でも運転が可能になったことと、燃料電池FCスタックの耐久性を10年確保したことの、実用化に向けての2つの大きな目標を達成したといいます。

それらの結果、しかるべき機関では、すでに月額84万円のリースでこのクルマの実用を開始しているとのことでした。

FX100 080820-21 060.15jpg.jpg

旭川から士別まで、1台を3人のジャーナリストが交代でドライビングしたんですが、エンジンは電気モーターですから、低速からトルクが強くしかも滑らかで、車重1880㎏に4人乗りという重荷重にもかかわらず、トルキーかつスムーズな加速が印象的でした。ちなみにスペック上の最高速は155km/hとのこと。

同乗してくれたエンジニア氏によれば、次に想定していることのひとつは、ホンダの燃料電池車「FCXクラリティ」のようにこのクルマ専用のボディを与えることだといいますが、どんな形態のボディになるのか愉しみなことであります。

FX100 080820-21 050.15jpg.jpg

では、あと何年くらいあれば僕らが現在の普通のクルマと同じように燃料電池車を使えるようになるのかエンジニア氏に尋ねてみたら、クルマ単体で考えて20年、水素スタンドなどのインフラストラクチャーが全国規模で充実することまで想定すると30年でしょうね、という答え。

僕らのように、ネットであればアップロードと事実上同時に、雑誌でも1~2週間後にはカタチになる短期ベースの仕事をしていると、20年後、30年後を見据えて仕事をするということ自体に、大いなる尊敬の念を抱いたのでありました。
nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(1) 

nice! 9

コメント 10

Sora

こんばんは。
最近良く耳にはしていましたが、排ガスがゼロなんてすごいですね(^-^*)
数十年単位の計画を聞くと私もすごいなって思ってしまいます。
過ぎてしまうとあっという間なんですけどね。
by Sora (2008-08-23 01:40) 

マダムデルタ

燃料電池車は 法人でなく、個人でも早くレンタルして欲しいです♪
クラリティはボディのデザインもステキだと思います(●^o^●)
TOYOTAは どんなデザインで出すのかしら?
by マダムデルタ (2008-08-23 10:19) 

komi

先日、長野の一般道で燃料電池車が走っているのを見かけました。
泊まったホテルの送迎車はハイブリッド車でした。
徐々に実用化されているようですね。
by komi (2008-08-23 21:20) 

吉田 匠

Soraさん、
お久しぶりです。
長いスパンの仕事というのは、自分とはちょっと違う世界なので、凄いと思いますね。

マダムデルタさん、
またまたさすがマダム、燃料電池車にもお詳しいとは!
ただしこのクルマ、リース料が月額84万円とのことなので、今のところ個人で乗るのは難しいかも・・・。
今後のトヨタの燃料電池車のデザイン、僕も気になりますね。
by 吉田 匠 (2008-08-23 21:26) 

吉田 匠

komiさん、
長野で見た燃料電池車って、どんなモデルだったのでしょう?
by 吉田 匠 (2008-08-23 21:28) 

komi

日産のFCVが音楽祭のイベントに協賛して使われたようです。
日産もトヨタも無骨なデザインですから、ホイールインモーターで斬新なデザインにしてほしいです。
by komi (2008-08-24 09:36) 

エスロクレーサー

幸か不幸か30年後いや20年後でもそれに乗ることは叶いますまい。
最後の送りの車がそれだったとしても遺言で「汚い化石燃料車」にしてくれと遺言を残しましょう。

by エスロクレーサー (2008-08-25 09:39) 

吉田 匠

エスロクレーサーさん、
昭和の男らしい気骨を感じさせるお言葉ですな。

by 吉田 匠 (2008-08-26 11:18) 

kenken

燃料電池車を普及させるのはやはりトヨタが最有力なのでしょうか??
by kenken (2008-08-30 01:24) 

吉田 匠

kenkenさん、
普及といっても、本文に書いたとおり、普通のクルマのように僕らが買って乗れるようになるのは20年、30年後になりそうという話ですから、正直なところまったく分かりませんね。
ただ現状ではトヨタとホンダが頑張っているのはたしかですが。
by 吉田 匠 (2008-08-30 13:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。