So-net無料ブログ作成

SSCC│TAKUMI YOSHIDA So-net blog

ルフトハンザのファーストクラス、その第2弾。

FX100 080614-15 022.20jpg.jpg

5月末に成田-フランクフルト便のルフトハンザでちょっと久しぶりにファーストクラスに乗った話を6月の頭に書きましたが、あれがけっこう評判がよかったようで、皆さんから意外なほど多くのアクセスをいただいていたんですね。

そこで調子に乗って、というわけではないんですが、その第2弾をやってみようかと。といっても最近乗ったのではなく、あの第1弾の半月後の6月半ばのドイツ出張の際、今度は帰路のミュンヘン-成田便のルフトハンザで、自らのバウチャーを使ってアップグレードして、ファーストクラスに乗ったのでした。

第1弾のときは、ボーイング747ジャンボの2階のフロアなので空間は落ち着いているけれど、食事にはさほど大きな期待をしないほうがよろしいかも、という論調でしたが、今度はちょっと様子が違いました。

ミュンヘン-成田線は機体がエアバスA340になり、下の写真のようにその先端部分に位置しているファーストクラスは空間的にはフランクフルト便のジャンボ2階ほど落ち着いた雰囲気はないんですが、その代わりどういうわけか食事がイケたのでした。

まず上の写真が、ミュンヘン離陸後に出た最初の食事の前菜のディッシュですが、中央の皿に載った黒いものにご注目あれ! そう、キャビアですね。

僕なんかは日常生活の場ではまず食することのないキャビア、それが細かくスライスしたオニオンとお洒落な黄色いガーゼに包まれたレモンとともに、まずまずの量が皿に盛られている嬉しい図であります。

プレミアムなホテルに泊まったり、そこのレストランで食事したりするのと同じく、ファーストクラスで旅することの魅力がその非日常性にあるとするなら、キャビアなんかはまさにそれを実感させてくれる極めて有効なアイテムだったりするわけですね、僕のような庶民には。

それに実際キャビアなる食べ物、オニオンを混ぜた上からレモンを絞り、それをフォークにとって口にしたりしたら、かなり美味だったりするのが堪りません。白ワインとの相性もいいし。

FX100 080614-15 016.15jpg.jpg

でも、このときのファーストクラス関連の出来事で最も凄かったのは、実はミュンヘン-成田便に乗る直前のハプニングでした。

まだ最終的な搭乗券が発券されていないのを若干不安に思っていた僕が、滞在地のシュトゥットガルトからローカル便に乗ってミュンヘン空港に着いてタラップから地上に降りた途端、駐機場に<Mr.TAKUMI YOSHIDA>と書いたプレートを持ったスーツ姿の男が待っているのが目に入ったのです。

そこで僕が手を上げると彼は僕の手荷物をサッと取り上げて自分で持ち、僕を黒塗りのメルセデスSクラスにいざなったのでありました。搭乗券が発給されていないわりに乗り換え時間が短いのが気になってはいましたが、まさか滑走路の横にSクラスが迎えに来ているとは!

スーツ姿のドライバー氏は様々なことを説明しながらターミナルの横をスイスイと走りぬけ、ファーストクラス専用のパスポートコントロールと発券デスクがある特別なラウンジに、僕を連れていってくれたのです。

なにやら映画の主人公になったかのようで、そこでのMr.TAKUMI YOSHIDA は少々落ち着かない気分ではありましたが、さすがドイツを代表するキャリアはやることがスゲーと、妙に感心させられたのでありました。

FX100 080614-15 032.15jpg.jpg

で、これが、成田に着く1時間ほど前に出た2度目の食事ですね。

ここでは和食を頼んだのですが、機内でパソコンの原稿ファイルと格闘して寝不足のためいささか疲れていた胃には、明太子と卵焼にお粥という組み合わせがなかなかグッドだったのを、今でもはっきりと覚えています。
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 2

マダムデルタ

Sクラスでお迎えですか♪(笑)
海外でお仕事するのは国内と違って色々大変ですが
コレぐらいのお楽しみはあって良いですよねぇ(●^o^●)
またアップグレードされるの楽しみにしています!
by マダムデルタ (2008-08-23 10:14) 

吉田 匠

マダムデルタさん、
さすがマダム、視野の広~いコメント、大いに感激です。
またファーストに乗る機会があったら、報告させてもらいますね。
by 吉田 匠 (2008-08-23 21:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。