So-net無料ブログ作成
検索選択

SSCC│TAKUMI YOSHIDA So-net blog

Smart fortwo が新型になった。

FX100 080227 086.20jpg.jpg

メルセデス・ベンツプロデュースする超小型車、Smart fortwo=スマート・フォーツーが、新型に生まれ変わりました。初代の生産開始は1998年のことですが、ヨーロッパで新型がデビューしたのは2006年秋なので、8年ぶりのモデルチェンジということになります。新型は先代と比べてホイールベースで60㎜、全長で180㎜、全幅で45㎜大きくなり、全高は10㎜低くなっています。とはいえ外寸は2720×1560×1540㎜、ホイールベース1870㎜にすぎないので、路上を走る現代の量産型市販車としては最も小さいもののひとつなのは変わりません。

FX100 080227 064.20jpg.jpg

基本的に初代の雰囲気を保ちながらもディテールが洗練されたエクステリア。

FX100 080227 046.15jpg.jpg

インテリアは居住空間が広くなると同時に、初代のポップなデザインが影を潜めて、落ち着いた印象に。オプションのブラックレザー張りシートがいい感じ。

FX100 080227 073.20jpg.jpg

ボディ構造の基本などは先代と変わりませんが、新型で大きく変わったのがパワーユニットです。3気筒をリアアクスルの位置に横置きするというベーシックな配置はこれまでと同じですが、これまでの700ccターボから1リッターのNAに替わってパワーも61psから71psへと10psアップ、同時にATモードつき2ペダルMTも6段型から5段型に変更されました。ドライビングしてみると、ATモードでは相変わらずつんのめり感が残っていますが、ステアリングパドルによるマニュアルシフトは小気味好く決まって、先代より明らかにフラットなトルクカーブを実感させる1リッター3気筒は、クーペで810㎏の車重を充分な勢いで加速させていきます。ただし、やや関節の硬い印象の乗り心地と、出応えが妙にドライなステアリングの感触は、概ね先代をそのまま引き継いでいる印象ですね。

FX100 080227 068.15jpg.jpg

これがクローズドボディのフォーツー「クーペ」で、プライスは176万円。

FX100 080227 099.15jpg.jpg

こちらは電動ソフトトップを備える「カブリオ」で、プライスは205万円。
nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 3

pace

現在旧型所有しております
ちょっと気になる新型ですが
普通になった内装とちょっぴりえばった(笑)外装が・・・・
実物は結構ファニーなままなんですけどね
by pace (2008-03-04 20:56) 

Tonotakaya

こんどのはシックになって好印象ですね。
同様のデザインでforfourラインナップしてくれたら、三菱iから乗り換えたいですが・・・。
by Tonotakaya (2008-03-05 08:41) 

kenken

トヨタのiQも今年発売とのことですので対決が楽しみです。
by kenken (2008-03-08 02:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。